生産者紹介

JAアグリあなんの農業を支えていただいている
生産者の皆さまをご紹介いたします。

向上心を持って取り組めば、おのずと結果につながります。

岡本 驍(たかし)

岡本 驍(たかし)さん

岡本 驍(たかし)

就農したきっかけ

元々は会社勤めをしながらの自宅の農地だけを耕作している兼業農家でした。

退職後、親戚や中間管理機構を通して農地を預かるようになり少しづつ面積が増え現在に至ります。

周年を通じた作業
スケジュール

ブロッコリーは8月下旬から土づくりを行い、基肥を散布し、8月末に納品された苗を9月上旬から10月中旬にかけて定植していきます。収穫は年明けから2月くらいまでの期間で行っています。その後、3月から田んぼの準備をはじめて4月に水稲の田植、8月に稲刈となっています。

農業の魅力

時間の使い方が自由なことが魅力だと思います。

また、自分が育てたものが無事に出荷できた際の喜びはとても大きなものです。

農業経営における
最終目標

自分の子供たちが農業を継ごうと思ってもらえるような経営を行いたいです。

しかし、まだまだあと10年は私が頑張りますよ(笑)ずっと元気で頑張ります!

後継者の方に
むけての一言

何事においてもそうですが、『向上心』を持って行うことが重要だと感じます。農業に当てはまれば「よい品質のものを出荷するぞ!」ですかね。向上心を持って取り組めば、おのずと結果(収入)にもつながってくるのではないでしょうか。

消費者の方へ一言

食べる人のことを考えて、除草剤も殺虫剤も含めなるべく減農薬で生産しています。美味しいブロッコリーをつくっていると思うので、ぜひJAアグリあなんのブロッコリーを食べてくださいね!

岡本 驍(たかし)
経営品目
ブロッコリー43a  米1.2ha
所属部会
ブロッコリー研究会